なぜ脱毛には強い痛みが伴うのか

脱毛は肌に強い痛みが生じるイメージがありますが、これは毛穴が開いていない状態で力任せに体毛を抜き取るのが理由です。脱毛の際には毛穴の周囲の表皮が引っ張られてしまい、これが痛みをもたらしています。脱毛の際に毛穴を広げておくのは表皮の抵抗を緩和させてスムーズに処理するためですが、同時に痛みが発生しにくくなるメリットもあるのです。そのため、事前の処理を怠っていきなり脱毛を行うと、非常に強い痛みを感じることになってしまいます。

エステでの脱毛処理は痛くないのが当たり前

エステサロンで行う脱毛処理は綺麗な仕上がりになるのが利点ですが、それ以外にも痛みを感じないことが大きな魅力になっています。素人の自己処理では困難なことを容易に実践できるのがエステサロンの特徴なので、現在では無痛脱毛はできて当たり前と言えるのです。逆に、痛みの緩和を重視していないエステサロンは脱毛処理をおざなりにしている可能性があるので避けるのが無難です。高いお金を払って脱毛処理を受けることを踏まえ、スキンケアだけではなく痛みの緩和にも真摯に取り組む所を選ぶのが満足できる綺麗な仕上がりにする条件と言えます。

自己処理でも工夫次第で痛みを減らすことは可能

自己処理の脱毛であっても肌を労わりながら工夫を凝らすことで痛みを減らすことができます。日頃から市販のスキンケア用品で肌のコンディションを整えたうえで、脱毛の際は対象の部分を十分に温めるのが効果的です。温めることで毛穴が開き、体毛を引き抜く際の抵抗を減らすことができます。スムーズな抜き取りが可能なので毛穴周囲の表皮にも刺激はほとんど発生しません。そのため、痛みを感じること無く自己処理を進めることができます。

えりあしは自分では見えない箇所なので、お手入れが疎かになりがちです。逆説的に言えば、えりあしの脱毛でキレイに整えておけば、見た目の印象をよくして差別化することが可能です。