自分で行う脱毛のメリットとデメリット

脱毛を自己処理で実施すると、自分の好きなタイミングでできますし、サロンへ通う体力も必要がありません。最近では、自宅で簡単に脱毛ができるレーザー脱毛器なども販売されるようになりました。ただし、自己処理をするにはメリットもあればデメリットもあります。

さて、自己処理をするメリットとしては、コストが安いことです。かかるコストは、脱毛美容製品の購入費用とそれを動かすための光熱費のみです。また、自分のペースに合わせて外出せずに自宅で脱毛できるのもメリットです。最近は高い効果が得られる脱毛美容製品が販売され始めているので、脱毛の精度も向上し始めています。

しかし、デメリットもあります。自己処理の代表的な方法の一つとして、カミソリを使う手法があります。この方法は最も手軽な一方、肌が弱い人は肌を傷めてしまうことがあります。また、脱毛美容製品によっては、脱毛効果が薄いこともあるのです。だからと言って、高級な脱毛美容製品を購入するとエステに通うよりもコストがかかってしまうこともあります。

脱毛エステのメリットとデメリット

さて、エステで脱毛するメリットとデメリットについて紹介します。メリットについては永久脱毛に近い施述が受けられることです。そのため、自己処理がとても楽になります。また、肌を傷めてしまうリスクを解消できます。エステ脱毛の最大のメリットは自己処理と比較すると脱毛の効果が高いことです。

一方、デメリットとしては、お金がかかることです。サロンで脱毛を受けても、1度の施述では効果が実感できません。自己処理が不要になるまでの効果を得るためには、18回程度の施述を受けなければならないのです。この場合、20万円~30万円ほどの料金がかかります。

脚の脱毛は範囲が広く、時間もかかりがちです。セルフケアよりもプロに任せてしまったほうが、気持ちも楽になるかしれません。