脱毛後は肌荒れがしやすい

女性ならば、また近年は男性もですが、ムダ毛の処理に悩む人は数多くいます。ムダ毛の処理は、自宅で自分で行うものから、サロンで脱毛したり、皮膚科で処置をうけたりと様々な方法で対処することが可能です。しかし、ムダ毛処理を行い、つるつるの肌を手に入れても、しっかりケアをしなければ、美しい素肌とは言えなくなります。どのようなムダ毛処理をするにしても、脱毛後のお手入れをしなければいけません。もしも怠れば、肌荒れを起こすだけでなく、脱毛効果も減退してしまう可能性があります。脱毛後のお手入れで重要なことは、乾燥を防ぐということです。脱毛後に肌が乾燥していると、新陳代謝が悪くなり、角質が厚く、埋もれ毛が生じる可能性があります。また、脱毛後は皮膚が炎症を起こしている可能性があり、それをクールダウンさせるためにも乾燥を防ぎ、保湿をすることが重要です。

脱毛後の保湿方法とは

脱毛後の保湿方法には正しい方法というものがあります。間違った方法を続けていても、十分な効果が得られません。基本的に脱毛は、入浴後の清潔な状態で行うので、脱毛が終わった後にわざわざ入浴せず、そのまま保湿ケアを行います。エステやクリニックなどで、専用の保湿ローションやクリームを入手している場合は、それをまんべんなく塗ります。ない場合には、市販の保湿用品を丁寧に、かつ優しく塗り込んでいくことで問題はありません。化粧水や乳液、保湿クリームを活用しても問題ありません。また、脱毛したその日だけでなく、継続した保湿が重要となります。お風呂上りに、優しくタオルで体を拭き、水分を十分に保った状態で保湿ケアを行うと、より潤いの保たれたつるつるの肌になります。

VIOの脱毛をすると下着の中でムレにくくなるので、雑菌の繁殖が抑えられ、デリケートゾーンを衛生的に保つことができます。また、自己処理をする必要がなくなるので、肌トラブルや怪我の心配もありません。