サーマクールはどういう効果がある?

美容業界ではしばしばサーマクールというキーワードが飛び交っています。名前を聞いただけではどんな施術なのかがわからないのも確かですが、実際に受けたらどのような効果が得られるのでしょうか。サーマクールは一般的にはセルライトの除去、肌の美白や引き締めなどを目的として用いられています。基本的な効果として、サーマクールを施した部位は新陳代謝が向上することが知られています。脂肪代謝を促進してセルライトの除去を促せるのが特徴です。また、新陳代謝が向上することで肌のターンオーバーも促進されることになり、色素沈着が起こってしまった肌を作り替えたり、肌の細胞のネットワークを作り直したりすることができます。

原理を大まかに理解しよう

サーマクールが脂肪代謝の活性化や肌のターンオーバーの促進を行えるのは原理から考えるとそれほど難しいことではありません。サーマクールは長波長の光を照射することによって肌の細胞を刺激し、熱を発生させるのが基本です。その熱によって熱さや痛みを感じてしまいがちですが、サーマクールでは肌を冷却しながら光照射をする形にすることで痛みなどを軽減できるようにしています。このときに用いられる光は肌の深部にまで到達するのが特徴で、光照射による刺激で細胞をつなぎとめている細胞外マトリクスを壊すことが可能です。細胞外マトリクスの分解や熱刺激が誘因になって、ホルモンが分泌されて新陳代謝が活性化されます。このように人がもともと備えている力を活性化することで効果を生み出しているのがサーマクールの特徴です。

サーマクールは、切らずにたるみの治療ができるのがメリットです。また、痛みを伴わないので安心して治療ができます。