メラニン色素に作用して脱毛する方法

ムダ毛が黒いのはメラニン色素を含んでいるからです。レーザー脱毛はメラニン色素に作用することで毛母細胞の分裂をストップさせる効果があります。肌表面からレーザーを照射するだけで、ムダ毛を伝って毛根にダメージを与えられるのです。エステ脱毛はレーザー脱毛とよく混同されますが、毛母細胞を破壊するには至りません。それゆえ永久脱毛を名乗れるのは医療レーザー脱毛のみとなっています。自己処理いらずのツルツル肌に変えることができ、処理後はシェービングが不要になります。シェービングから解放されると肌は格段に元気になり、本来のバリア機能を取り戻してくれるでしょう。バリア機能を高い状態で維持することは肌の老化防止やアンチエイジングのためにも役立ちます。

昔よりも痛みが軽減されているレーザー脱毛

レーザー脱毛の痛みは年々軽減しており、最近はエステ脱毛と同程度になったという感想が多いです。痛みが軽減された理由は脱毛器の進化にあり、広範囲・低出力の処理が可能になりました。昔のレーザー脱毛は一極集中で照射していたので、肌へのダメージが大きかったのです。現在は広範囲に照射するレーザーが登場し、痛みが分散されています。ただし、完全無痛ではありませんから痛みに敏感な人に対しては冷却ケアや麻酔クリームなどで痛みを軽減する場合があります。麻酔なしで脱毛を受けたい人は、普段から肌を丈夫にしておきましょう。敏感肌や乾燥肌と比べて、正常肌の状態は脱毛ダメージを受けにくくなります。

肌への負担が少なく痛みを感じないもの、産毛にもしっかりとアプローチすることが出来るものなど、医療レーザー脱毛機には様々な種類のものがあります。